VIO脱毛の悩みを解決

VIO脱毛は必要なの?

ワキ脱毛や顔脱毛などと違い、VIO脱毛はなかなか女子会でも話題になりませんよね。部位がデリケートなだけに、よほど親しくないとVIOの話は出にくいものです。当サイトではインターネットの利点を活かし、そんな話題にしにくい箇所の情報をまとめました。VIOの疑問についてすべて解決できるサイトを目指していきます!

 

VIO脱毛とは

VIO脱毛は必要?

 

ワキ脱毛や顔脱毛、脚脱毛などは当たり前としても、VIOラインなんてみんなやっているの?

 

こんな疑問をお持ちではないしょうか。

 

ここでVIO脱毛について確認しておきますと、VIOとはアンダーヘアの脱毛(Vライン、Iライン、Oライン)のことを言います。

 

VIO脱毛に興味をお持ちのあなたなら、「ハイジニーナ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

ハイジニーナとは「衛生」を意味する言葉で、脱毛のことを言う場合は無毛の状態を指しています。

 

ワキなら無毛で当たり前でしょうが、VIOの場合はそう単純ではないのが難しいところ。VIOの場合はどこにどの程度の毛を残すのかということを考える必要があります。

 

他の人がどのくらいの毛を残しているのか知りたい場合は、サロンのスタッフさんに相談するのがベストでしょうね。

 

なぜかと言いますと、施術をしているスタッフさんは多くの人の相談を受け、実際の事例を見ているからです。自分で決められないのでしたら、他の人がどうしているかということを知り、一般的な状態に合わせておけばとりあえずは無難でしょう。

 

脱毛サロンは永久脱毛ではありませんので、もし脱毛をしすぎて失敗したというのであれば、毛が生えてから再度、自分の望む形に変えればいいわけです。

 

ハイジニーナのメリットとデメリット

 

ハイジニーナを検討している場合は、そのメリットとデメリットを考慮する必要があります。

 

メリットとしては、アンダーヘアの手入れが不要になるという点がまずあります。形を気にする場合、毛がある部分とそうでない部分があるわけですから、小まめな手間をかける必要がありますが、ハイジニーナであればそうした煩わしさから開放されます。また、パートナーが無毛を好む場合がありますので、それもメリットの1つと言えるでしょう。

 

デメリットですが、意外と色々とあります。

 

例えば、銭湯や温泉など公衆浴場に行った時に恥ずかしいということです。海外ならハイジニーナは一般的でも、日本ではまだそういう文化ではありません。そのため、そうした場所に行くことには抵抗が生まれてしまうことがあるというわけです。また、ショーツがデリケートなVIOラインに当たりやすくなるということもあり、汚れやすくなるというのも無視できません。

 

また、施術が完璧でないとハイジニーナとは言えません。毛が中途半端に残っているようでは困りますよね。そのため、施術が完了するまで少し時間が余計にかかってしまうわけです。

 

VIO脱毛を希望する場合、まずはどんな状態が理想なのか自分なりに考えた上で、あとはサロンに行って相談しましょう。自分だけで考えるのは限界があります。親身になって相談に乗ってくれる人を見つけて、なるべく自分をさらけ出して相談するのが、ベストな解決策を見つける早道であることは確かですよ。

VIO脱毛のお悩み

 

VIO脱毛のお悩みについてまとめてみました。

 

みんなもやっているの?

 

VIOはすでに女性の間では一般的になっています。ただ、部位が部位だけに、あまりおおっぴらに語られないという事情があります。そのため、いざ自分が興味を持った時に、他の人がやっているのかどうかが分からないというのがあるのだろうと思います。

 

VIO脱毛、実は男性の方がよく知っているなんてことも考えられますので、女性のエチケットという意味でも正しい情報を収集して、早めに検討するのが良いのではないかと思います。

 

痛くないの?

 

痛みは脱毛の方式によって変わります。例えばミュゼプラチナムのSSCという方式の場合、ジェルを肌に塗り、そこにライトを当てて脱毛するわけですが、その場で毛が抜けるのではなく、実際に毛が抜け出すのは2〜3週間ほど後になります。抜けるのも無理に抜くわけではなく、自然に抜けるのを待つので、痛みはライトを当てる一瞬、軽い痛みを感じる程度で済みます。

 

スタッフはもちろん女性のみですよね?

 

これは言うまでもありません。これもミュゼプラチナムの例になりますが、スタッフはもちろん、女性専用のサロンのため、男性と顔を合わせることがありません。VIOの施術者が男性だったら大変ですよね・・・

 

やっぱり費用も高いの?

 

ミュゼプラチナムにある「ハイジニーナ7」コースの場合、1回の施術が12,000円となっています。

 

脱毛の料金体系は分かりにくいというデメリットがあるのですが、ミュゼプラチナムでは明朗会計をうたっています。金額が分からないと不安になるというのは当たり前ですので、ちゃんと施術の前に確認しておきましょう。

 

なお、ミュゼプラチナムのハイジニーナコースは、名前からすると無毛にされてしまうVIO脱毛と思うかもしれませんが、実際は毛を残す相談ももちろんできます。

 

 

無理な勧誘はないの?

 

勧誘はあるところとないところがあります。もちろん、勧誘がないところがいいですよね。こうした情報は口コミなどで知るしかありません。公式サイト内に「当社では勧誘を行います!」などと書いてあるところはないでしょうから。

 

いくら脱毛のためとは言え、VIOラインを他人に見せるなんて恥ずかしい・・・

 

お気持ちは分かりますが、全くVIOラインを見せずに脱毛をするのはさすがに無理ですね。それなら自宅で行うしかありません。

 

ただ、ミュゼプラチナムの場合、紙ショーツを履いた状態で施術をしてくれますし、必要最小限な範囲が見える程度にショーツをずらすだけなので、恥ずかしさはそこまで大きくないかもしれません。そのあたりにも気を使ってくれる脱毛サロンを選びたいですね。

 

自宅でやるべきなの?それともサロン?

 

自宅でやると失敗する危険性があるということですね。黒ずみが出来てしまったり、中途半端に毛が残ってしまったりすることがあるのです。

 

また、VIOの場合は自分で処理がしにくいこともありますので、失敗するリスクが高くなるのはお分かりではないでしょうか。全ての毛を処理してしまうのならまだしも、理想的な形で毛を残しておきたい場合、余計に自己処理が困難なのは想像に難くないのではないでしょうか。